自転車との人身事故

自転車と自動車が人身事故を起こすことも多いです。
運転者からすると細かく動く自転車は事故の原因にもなりやすいです。
例えば交差点の事故で多いのが右折左折時の事故です。
車が曲がるとき、普通の運転者であれば確認と目視を行って対応するのですが、自転車は結構速度が出ていることもありますし、車が左折する瞬間や右折する瞬間に飛び出してくることも多いです。
その結果接触事故を起こしてしまうことに繋がるのです。
実際に車のボディなどによって自転車が死角に入ってしまうこともあります。
その場合はサイドミラーでも確認が難しいです。


また、自転車に乗っている人たちは「車が向かっている」とい事実を認識しながらも、無理に車の前に入ってくることもあります。
そうなると非常に回避するのは難しくなってしまうので、常に注意と目視が必要です。
特に夜になると自転車を確認することが非常に困難になりますし、素早く動く物体をとらえられるほど人間の目は高性能ではありません。
常に「自転車がいるかもしれない・来るかもしれない」という運転を心がける必要があります。


このサイトでは人身事故の中でも自転車との人身事故について説明します。
歩道を走ることが多かった自転車での事故が多くなり、近年は道路を走る自転車も多くなっています。
自動車を運転する方は、そういった自転車の動きに注意をして、常に対応できるようにしておくことが必要です。
毎日気を付けて運転しましょう。


<管理人特選サイト>
交通事故に遭ってしまった際に示談交渉の相談を無料で行ってくれる弁護士事務所のサイトです ⇒⇒⇒ 交通事故 示談

Copyright © 2014 自動車と自転車の人身事故 All Rights Reserved.